知りたい!自動車保険の等級のヒミツ

等級って何?

等級とは、契約者の事故歴に応じて、保険料の割引や割増を適用する制度のことを言います。
等級は1〜20等級まであり、はじめは6等級からのスタートとなります。
等級が上がるごとに、保険料は安くなりますので、20等級ですとかなり保険料が安くなります。
1年間、保険を使った事故が無ければ次の年は1等級上がることになるので、6等級→7等級になるのです。

 

しかし、同じ等級だからと言って、同じ割引率か?それは違うようです。
同じ等級でも、事故歴ありの場合と無しの場合では割引率は違うのですが、事故歴ありになると保険料の割引率は一気に落ちます。
やはり、安全運転・・・これに尽きると思います。
ですから、1〜20の等級があり、同じ等級でも事故あり、無しがあるということなのです。
同じ等級でも、割引率が20%も違うなんていうことも普通にあるようです。

 

6等級からのスタートで、毎年事故なしの状態が続いて、14年後に最高の20等級事故なしということになります。
この場合、かなり保険料の割引がききますので、お財布にも優しく節約になりますね。
免許を取ったばかりの若い子がよく「自動車保険が高い!」と言っているのを聞きますが、これは仕方のないこと。
事故なしだと毎年保険料が安くなるので、安心して下さいね。